人間関係が辛いと感じるあなたへ

mind

先日カフェで作業をしていたのですが、

お隣の席から衝撃的な会話が聞こえてきました。

年配の男性2人だったのですが、

お一人が椅子からカバンを落としてしまったので、

拾おうとしていたんですね。

そこで、もう一人の方が一言。

「そんなボロ、急いで拾ったって何も変わらんよ」

・・・え?

さらに。

「貴様のマスクなんてどうせ安もんだろ」

・・・え?


衝撃というか、最初は耳を疑って、

え、本当にこんな人いるの?

っていう驚きが最初はすごく大きかったんですけど、

だんだん怒りが湧いてきちゃうんですよね。。。


笑いながら言っていたとはいえ、

二人とも笑っていたとはいえ。


言われていた方のおじさんは、

終始相手の顔色を伺っているというか、

頑張って愛想笑いをしているというか、

そんな様子がしていて、なんだか心苦しくなりました。


お二人の関係はわかりませんが、

当たり前のことだけど、どれだけ親しき仲にも礼儀あり、ですよね。

ストレスの原因となり得る「人間関係」

あなたは今、胸を張って「幸せ」と言えますか?

ストレス社会と言われている現代社会。

日々の生活の中には、ストレスの原因となるものが

たくさん潜んでいるんですよね。


もちろんストレスに感じる部分は

人それぞれで異なると思うのですが、

多くの人に共通する原因の1つに、

「人間関係」のストレスがあると思うんです。


人は、一人では生きていけません。

なるべく関わらないようにしようとしたって、

必ず他の人と、直接的であれ間接的であれ、

何かしらの形で関わっているのです。

人と関わらずには、生きていくことは不可能なんです。


そんな社会で生きている今、

人間関係において、あなたは、胸を張って幸せだと言えますか?

一緒にいることでストレスを感じてしまうような人、

一緒にいた後はどっと疲れてしまうような人、

会いたくないな、離れたいな、と思うような人、

周りにいませんか?

「人」の力

「人」の力って偉大ですよね。


誰かとたくさん笑ったあと、

晴れ晴れと楽しい気持ちにしてくれて。


誰かの素敵なお話を聞いたあと、

いい刺激をもらえて、モチベーションが上がって。


大切な人の存在が、

自然と頑張る原動力となってくれて。

結果、知らず知らずのうちに、自分の成長に繋がっていて。

自分を磨いていってくれているような気がして。


どんなに落ち込んでいる時にでも、

温かい一言に、優しさに、救われて。


こんなにも温かくて、優しく力強い側面もあるのですが。


誰かの「一言」に、一喜一憂して。


どんなに頑張っていても、

誰かのたった一言でやる気を削がれてしまったり。


誰かのたった一言で、

怒りの感情が込み上げてきたり。


誰かのたった一言で、

心を抉られるように傷ついたり。


そう、人の力って、すごいんです。

人を傷つけることだって、簡単にできてしまうんです。


本当は害となるような周りの言動なんかに左右されず、

無視して、自分を信じて、自分を愛して、

堂々と生きていけると とても強いのですが。


それでもどうしても、それ以上に

気に障るようなことを

してくる・言ってくる人というのはいますし、


そんな害に、

多かれ少なかれダメージを受けてしまうのは、

当然のことなんですよね。

「自分の心の声」を聞く

何のために、なぜ、その人と一緒にいるのか

失礼なことを平気でできる人、

人を平気で傷つけてくる人、

人の心の平和を掻き乱してくる人、

人の尊厳を踏みにじってってくる人。


こんな「害を与えてくるような人」と一緒にいるのは

なぜでしょうか?

メリットって何かありますか?

  • 職場(学校)が一緒だから、避けられない
  • 恩(仮)がある
  • お仕事をもらっている

もちろん、簡単には

「縁を切れないような理由」

「Noと言えない理由」だってあると思います。

「自分の心」と向き合う

だけど、その理由って、

あなた自身よりも、大切なものなんですか?

あなた自身のことを、あなたの心を、後回しにしていませんか?


あなたはその人といて、楽しいですか?

その人といる時の自分を、好きですか?

あなたはこれからも、その人と一緒にいたいのですか?

「自分」のことを、大事にできていますか?


あなたの時間を、一緒にいたくもない人に費やし、

あなたの心を他の誰かに傷つけさせ、

それでいて愛想笑いでその場を誤魔化して。


他の人のことばかり考えて、優先して、

「あなた自身」のことを、

いつも後回しにしてしまっていませんか?

あなたの心は、どのように感じていますか?

「誰と一緒にいるのか」「誰を大切にしたいのか」自分が決める、行動する

Noと言うことは、何も悪いことじゃない。自分を守るために必要なこと

気分をを害されても、

傷つけられても、

Noと言えないあなたは、

とても優しい人なんだと思います。


「相手を傷つけてしまうかもしれない」

「関係が悪化して、周りの人も過ごし辛くなってしまうかもしれない」


こういう風に考えてしまう人も、いると思います。


だけど、今現在、傷つけられているのは誰ですか?

辛い思いをしているのは、誰ですか?

我慢をしているのは、誰ですか?


「あなた」ですよね。


人のことを傷つけてくる人、

大切に扱ってくれない人、

こんな人に誠意を持って向き合う必要なんてありません。

誰にも、あなたの心を、尊厳を、傷つける権利なんてないのです。

そんな害から、自分のことを守ってあげて下さい。

きっぱりNoと言う、相手にしない、線を引く、

これでいいのです。

自分自身を大切にする

心をすり減らしてまで、誰かと一緒にいる必要はありません。

他の人のために、

あなた自身を犠牲にしないで下さい。


害を与えてくるような人と一緒にいること、

他の人に自分を傷つけさせること。


これらは知らず知らずのうちに、自分を裏切っていることになります。


自分に裏切られることって、とっても辛いと思いませんか?


一生一緒に生きていく存在で、何があっても離れられない存在。


周りから十分傷つけられているのに、

自分自身にまで裏切られて、


あなた自身の心は、どのように感じていますか?


周りの害から、あなた自身を守ってあげて下さい。

救ってあげて下さい。

「あなたが」大切にしたい人を大切にする

あなたが大切にしたい人は、誰ですか?


わざわざ害を与えてくるような人に取られている

あなたの時間を、大切な心を、

もっと他に授けたい人がいるのではないでしょうか?


こんなにも、他の誰かに傷つけられるあなたを見て、

自分自身を大切にできていないあなたを見て、

悲しむ人がいるのではないでしょうか?


この短い人生の中で、

毎日目まぐるしく過ぎていくような日々の中で、

あなたの時間を、頭の中を、心を、

わざわざ害を与えてくるような人に割いている余裕はありません。


そんな人と一緒にいる時間、

そんな人のことで悩む時間なんて、とても無駄だと思いませんか?


あなたの大切な時間を、感情を、心を、無駄にしないで下さい。


あなたが大切にしたいと思う人のことを、

あなたのことを大切にしてくれる人のことを、

もっと大切にしてあげて下さい。

あなたの大切な人のために、

あなたの大切な時間を、心を、大事にして下さい。

どうしても離れるのが難しい場合

ただ状況によっては、なかなか離れることが難しかったり、

なかなか「No」と言える勇気が持てないことは、

とってもよくわかるんです。

だけど、面と向かって言えなくても、

物理的に離れることなんかは可能ですよね。

  • 引っ越しをする
  • 転職・転校をする
  • 連絡を断ち切る(ブロックする)

環境を変えることはやっぱり手っ取り早い。

もちろん簡単ではないですが、

状況によって、例えばかなり精神的に追い込まれている場合、

とにかく一番に逃げることを考えて下さい。

我慢しながら耐えていては、

知らない間に徐々に心がすり減っていき、

気づけば手遅れ、なんてところにいってしまっている可能性だってあるのです。

とにかく逃げること、これが最重要な状況があることも覚えておいて下さい。


また、環境を変えることで、手放さなければならない

他の要素なんかもあると思うのですが、

環境を変えたところで死ぬ、なんてことはありません。


むしろ今よりもいい状態になったり、

新たな経験を始められたり、

そういう経験は、全て今後の自分の糧になっていくんです。


必ず、今後の自分に活きてくるんです。

(もちろんご自身の姿勢にもよりますが。。)


少し脱線してしまいましたが、

今のストレスに耐えながら変わらない日々を過ごすのか、

ストレスを自分から手放し、新たな環境、経験をスタートさせるのか。

どちらを選ぶのか、

自分の心に、じっくりと聞いてみてくださいね。

最後に

勢いでバーッと書いてしまったので

まとまっていない部分もあるかと思いますが、、


この記事があなたにとって、

一歩踏み出す手助けとなるような、

辛い状況を抜け出せる後押しができるような、

それであなたが活き活きと前向きに生きられるような、

そんなお手伝いができましたらとても幸いです。

タイトルとURLをコピーしました